ゆるオタのお語り。

ゆるーくジャニオタしております。語りがち。基本的にはジャニーズWEST・関西Jr.応援中。

彼らが本気で編むときは、な記事。

2月26日。

 

予告編見たときから絶対観に行く!と決めていた彼らが本気で編むときは、観に行ってきました!

 

客入りはキャパが少ないシアターだったからかも知れませんがほぼ満席…(1つ前もほぼ満席状態だった)

 

終始苦しかった…でもその苦しさは胸が締め付けられるほどの辛さと同じくらいの幸せの入り混じる苦しさでした。

 

生田斗真くん演じるリンコさん。

 

外見的には綺麗なんだけどトランスジェンダーの女性特有の違和感というか隠しきれない部分というのが良かった。だれもが女性に見間違うというようなものではダメだったと思う。

 

あと仕草。実際トランスジェンダーの女性ってきっと普通の女性より女性なんだと思う。

 

ちょっとした仕草も女性に見えるようにって気を使うからとても仕草が綺麗。服装も少しでも女性らしくっていうふうに意識したりするのかなぁ…。

 

あとリンコさんの魅力は内面。

 

リンコさんのお母さんがものすごく素敵な人だった。

 

トランスジェンダーを1つの個性として認めてリンコさんをちゃんと女の子、娘として育てたことがリンコさんの内面に現れてると思う。

 

リンコさんのお母さんが私は娘が一番大事と言い切れるところがすごいと思った。

 

これって普通の親子でも難しいと思う。

 

この作品はどうしてもトランスジェンダーというところに目がいきがちだが親子の関係の描き方もとても丁寧でリアルだと思った。

 

例えば小池栄子さんが演じていたナオミ。

 

大げさだ、子供を理解してない。

 

そう感じた人も少なくないとは思います。

 

しかし私はナオミの役とてもリアルだなと思いました。

 

あぁいうお母さんって少なくないと自分の周りを見て思います。

 

カイの場合は心が女の子であることをナオミから否定されましたが自らの進路などで否定されたりする子はたくさんいます。

 

自らのやりたいことをやらせてもらえず親から進路を押し付けられ言いなりになるのは嫌だやっと見つけた新しい進路にもいい顔をしない。

 

親も子供の幸せを考えて口出しするわけで自分の子をコントロールしたいわけではありません。しかし子供からしたらコントロールされてる、自分のやることの全てを親は気に入らないと感じ、だんだん親子の間で溝が深まることも多いと思います。

 

そういう子はだんだん逃げ道を失い自分を追い詰めていってしまいます。

 

親の考える幸せを子供に押しつけることは子供を幸せから遠ざけてしまっているかもしれないと感じました。

 

長く生きてる分知識も経験もあるけど何が正解か知っている訳ではないですからね親も。

 

またミムラさん演じるヒロミ。

 

母である前に女なの。

 

この台詞なんて無責任と感じた人も少なくないと思います。

 

そんなやついるのかよと。

 

その後に返すリンコさんの女とか母とかの前にまず子供を守らなきゃ。人として大人として。

 

これが正しいと私は思います。

 

けどヒロミのような母親っているんですよね。

 

実際私の友達の母親はこんな感じの人が何人かいました。

 

小中学校が離婚再婚経験のある家庭が多かった私の周りにはこの考え方の親がいたのです。

 

子供は振り回されてました。

 

でもこういう子で荒れる子ってまだいいんです。

 

感情を発散してるし荒れることでそれを止めてくれる誰かが現れることもあるから。

 

ぐっと我慢する子ほど苦しむんです。

 

こういう親ってまた治らないんですよね。

 

恋愛体質というかなんというか。

 

トモの場合マキオとリンコさんという暖かい場所を得ることができて良かったなと思います。

 

トランスジェンダーだけでなく親子についても考えさせられたいい映画でした。

 

彼らが本気で編むときは、な記事。おわり。

現場メモな記事。(関西Jr.クリパ、24魂、今西魂)

12/20

松竹座に久しぶりにお邪魔しました。

 

最後に行ったのは2015年の春松竹。

 

そう、わかる方にはわかるのですが今とは全く違う体制で行っていた時です。

 

なぜ入っていなかったかというとちょうど受験に入るため1年ほど現場を自粛してお茶の間になろうと決めており1年自粛していました。

 

受験が終わってからも何度か公演はあったのですがタイミングが合わなかったこともあり久しぶりの松竹座となりました。

 

一言で言うと関西の総合力素晴らしい!

 

 ジャニーズ冬の定番曲をしっかり押さえつつ関西ソングも盛りだくさん!

 

お兄ちゃん組は大人っぽく、弟組は可愛くどの曲も先輩のカバーではなく自分達のものにしている感じがよかったなぁと。

 

最後の蒼い季節→Be cool→ビクゲは絶対にみんな最初から最後まで松竹の上手から下手まで気迫に満ちていました。

 

この3曲お兄ちゃん組だけではなく弟組も参加していて必死にお兄ちゃん組に食らいついていく弟組も弟組が見ているからこそかっこいい背中を見せなければという気合いの入ったお兄ちゃん組もすごくよかった!

 

関西の総合力。

 

この3曲今の関東Jr.にはできないと(ここまでの気合いの入ったパフォーマンスができない)と思いました。

 

技術的にはもちろん関東Jr.でもできると思うんです。

 

けど、このオーラ。

 

がっつきは関西Jr.だけだと私は思います。

 

これから必ず関西Jr.の時代が来ると感じるステージでした。

 

恭平がソロしてたり風雅と斗亜くんでセンター立ってたり。

 

恭平のサンタの帽子を浅く被り髪の乱れを気にする様子が昔の廉を思い出しました…笑

 

ここからは少し厳しいこと言うけど…

 

風雅結構日にち経ってるのにまだ隣の人見ながら踊ってる曲あったのが気になった…センターにいるときはちゃんとできてるけどポジションが後ろや端の時ダンス少し抜けてるような気がする。

 

恭平後ろで失敗した?時少し笑ってる気がしたんだけど…まだ曲中だよ?

 

センターに立つ以上どこのポジションでもちゃんとできる人でないといけないと思う。

 

今回かなり推され始めたと思われる2人に少し厳しい言葉。

 

また関西Jr.のポジションにも少しずつ変化が起きそうですね。

 

16年組かなり踊れます。

 

かなり14年組にいい刺激になるはず!

 

ダンスはかなりいい関西Jr.。

 

歌もどんどん伸ばしていったらさらにパワーアップできるんじゃないかな?

 

弟組は今の関東Jr.の同世代と比べるとかなり高いレベルにあると思う。

 

あーやっぱり少クラin大阪年3くらいにならないかなぁ…

 

関西コーナー復活させてくれんかなー

 

今の関東Jr.の安心してぬくぬくしてるところに関西Jr.はかなりいい刺激を与えられると思うんだけどなぁ…。

 

関東はグループがある分安心感があるから…。

 

このままだとたるんじゃいますよ?

 

なんて少し毒も吐きつつですが改めて関西Jr.いいなと思えた公演でした。

 

12/25

京セラドームの1部に行きました。

 

本当に本当に素敵な空間でした。

 

幕が降りて会場の全員で叫ぶええじゃないか。

 

Jr.時代の映像が流れそれをバックに当時の衣装を着て歌う7人の姿に思わず涙が溢れました。

 

もう二度と聞くことはできないと思っていたから。

 

デビューと同時に自然消滅という形になった各グループ。

 

特に7WESTのDialup。

 

仲間が去ったりカウコン後バラバラになるのではないかと危惧したり。

 

いろんなことのあったあの4人が笑顔で最後バクステに並んで楽しそうに大砲撃つ様子であー最後だ。となんだか自分の中でキリがついたというかなんというか…。

 

デビューの少し前からのファンだから7WEST時代を全部知っているわけではないけれどグッときました。

 

メンバーが喋ったり前に立つとそのカラーに染まる会場。

 

遠隔操作じゃないかって思うほど綺麗に揃っててジャス民からの愛を感じました。

 

手振りもみんなしっかりしててペンライトが動く様子がすごく印象的。

 

キスマイや嵐と掛け持ちしている友達といったのですがここまで揃うのは初めて見たと感動していました。

 

本当に幸せでこの人達から離れられないなと実感しました。

 

私の語彙力ではとりあえず語りきれないです。

 

ラスト

 

1/3,1/4

こちらはまだ公演続いておりますのでネタバレも含むため読みたくない方は飛ばしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずオープニング映像。

 

今までのものとガラッと違う雰囲気でクールな印象!

 

そこからまさかのパリマニでスタート!

 

会場は一気に上がりましたね!

 

King of Chanceの神ちゃんのトランペットはよく短期間であそこまで詰めたなと楽器経験者として思いました。

 

1日目より2日目の方がだいぶん良くなっててきっと公演を重ねるごとに良くなるんだろうなと期待に胸が膨らんでおります…。

 

CHO-EXTACYは本当に皆さんぜひ自担の腰振りにご注目!

 

そのあとのアクセントダンスが個人的に今回おすすめポイント!!

 

そっから被り物でミニバイク!!

 

ずっと淳太くんの叫び声が聞こえます笑

 

この時ばかりはのんちゃんではなく淳太くんを追ってしまった…笑

 

粉もんは安定の可愛さ。

 

踊ってる率高いね!笑

 

大阪弁ら〜にんぐはやっぱ私はネイティヴに普段触れてるだけあるなと実感笑

 

周りよりうまかった自信ある笑

 

大阪の皆さん、ぜひC&Rで本気出してください笑

 

手振りも簡単だったのですぐできそうですよ〜

 

ギラギラブベイベーはぜひ中間担濱田担の皆さん死んできてください笑

 

心のままシェケシェケナベイビーってみなさん叫んでください笑

 

無鉄砲ボーイは演出激かわです!

 

ぜひとも皆さんモニターにもご注目!!

 

1つ欲を言えばマネキンの身長もう少し小さくなりませんかね?笑

 

上目つかいももちろん可愛いですけど!

 

やっぱ彼女目線としては見下ろされたい!!

 

雪に願いをははまこたがギター持って登場した瞬間びっくりしました。

 

のんちゃんがきっと濱ちゃんに教わりながら一生懸命練習したのだと思うとそれだけで尊い。可愛い。愛おしい。(小瀧担爆発)

 

この曲ハモリが本当に綺麗!

 

関西Jr.コーナー久々にロマンティックかかって個人的には激アツでした!

 

できることならC&Rしたかったー!!!

 

そっからFunky8のHair

 

松竹が揺れたあの曲が復活です。

 

Jr.に興味ない方でも堕ちるはず笑

 

UME強引オンは安定です笑

 

DK組クッソ可愛いんでぜひ!

 

なんか今回のツアー関西Jr.コーナーの歓声が少なかった気が…(気のせい?)

 

ここからは踊るため私はうちわを置きました笑

 

エエやんけェ!!は映像化されたらサビとか以外も覚えたいー

 

桐子の周りが大変なことになってました笑

 

 アカンLOVE4日のほう藤井さんサングラス忘れてました笑

 

途中でスタッフさんに出されるも気づかず近くのファンが流星!と呼びまくって普通にん?って顔してやっとスタッフさんのサングラスに気づく

 

ど天然発揮笑

 

可愛すぎでしたね笑

 

ホルモンは普通の衣装でした。

 

残念、胸筋が…(変態か。)

 

りゅかみのユニット曲がクソかっこいい。

 

これやばいよ。

 

最初2人でソファー座って出てきたところの帝王感!

 

Believerからの新衣装の望が好き!

 

ここからはシングルメドレー入ってラストKIZUNAがいい!

 

アンコは3日と4日で立ち位置変わってたからどんどん改良されそう!

 

俺たちがジャニーズWESTの前のわちゃわちゃ7WESTが可愛すぎた…。

 

望とシゲのちゅー未遂。

 

珍しい笑

 

ごちそうさまです笑

 

今回アルバム曲とカップリングだったからかなりファン好みの構成!

 

アンコ込みで2時間とコンパクト公演ながらも最初の方からかなりぶっ飛ばしてるイメージです!!

 

小瀧担としては望のキーが高い曲が多いので喉が心配…。

 

3日は出ていたキーが4日は少し下がってて上がりきってない感じしたから…

 

24魂と同時進行ながらもかなり作りこまれたコンサートになっています!

 

今までのジャニーズWESTとはまた違う新しい"なう"のジャニーズWEST

 

ファンマナー初日はあまりいい感じはしませんでしたが4日はかなりよかったですよ!

 

ジャニーズWESTのみんなもテンション上がってていいライブでした!

 

冬の現場3本こちらからは以上です

 

現場メモな記事。(関西Jr.クリパ、24魂、今西魂)おわり。

癖になる記事。

自担ではないがどうしても私の視界に入ってこようとするとんでもない奴がいる。(失礼)

 

SexyZoneの中島健人である。

 

正直アイドル誌もそこそこ読むからある程度は知っていた。

 

しかし…

 

動画の中島健人はなんなんだ!

 

最初はめちゃめちゃうっとおしい奴である。

 

うざい、ナルシスト、黙れと言ってしまいたくなる。

 

ただずっと見ていくと彼からうっとおしい言葉を待っている自分がいるのである。

 

ばっちこい状態で中島健人のうざ男発言を待ってしまっている…。

 

今でも忘れられないのはチューボーですよ

 

この世で一番面白く(甘い言葉を囁いているのだが)甘酢あんをつくる人物だと衝撃を受けた。

 

暇があれば動画サイトで探して見てほしい。

 

あれはジャニオタでなくても、いやむしろジャニオタでない人の方が楽しめるはず。

 

またSexyZonechannelという番組はSexyZoneってこんな面白いんだと感心してしまった。

 

ただただ狂った中島健人が見られるのでこれも元気のない時に見て見てほしい。

 

また癖になる原因としてあの人の言葉選びのセンスがあると思う。

 

コピーライターにしたら強いんだろうなと思うことが何度もある。

 

SexyZoneの雑誌の取材でも囲み取材でもばんと見出しにくるような言葉は大抵中島健人が発言しているものが多い。

 

なんせ握手会やテレビのバラエティでもあれだけポンポン甘い言葉、いやもはや彼の甘い言葉は新手の大喜利のようでうまい!と叫びたくなるようなものを発言し続けているという恐ろしい事実がある。

 

しかも彼の発言は同じものの使い回しがない(もしかしたらあるのかもしれないけど)

 

もはやお題をだすこちら側の方が頭を捻らなければならなくなってきた今日この頃である。

 

中島健人は冗談みたいなことをまっすぐに言う人間である。

 

本気でも嘘でもどちらでも怖い。

 

SexyZoneという癖のあるグループ名をテレビに出るたびにフルに使いグループ名を人の頭に刷り込んでいく中島健人

 

実に恐ろしい人物。

 

ここまでくるともはや中島健人の言動が気になってテレビに出ていると見てしまうようになってくるのである…。

 

恐ろしい。

 

また中島健人はプロアイドルだなと思ったのは紅白のバックにつく時(誰か忘れちゃったなぁ… )歌詞を覚えてきて口パクをしていた。

 

ちゃんと覚えてくるのすごいなぁと思った。

 

12月31日。

 

紅白の後にはカウントダウンが控え何曲か彼らは自分の持ち歌以外も覚えて踊れるようにして段取りも覚えているはず。

 

それなのにそれに重ねて歌詞を覚えてきている。

 

後ろでちらっと見える時、そんなに長い時間映るとは思えないそこにまで気を抜かないのは中島健人のプロ意識だと思う。

 

プロのアイドル中島健人

 

この人物癖になる故要注意。

 

癖になる記事。おわり

おはつな記事。

ゆるーくジャニオタしております。

 

むーみんと申します。

 

ブログを書くのは中学生以来…かなり久々緊張です。

 

当時はAmebaやリアルでブログしてました(同世代さんはわかるかな笑)

 

久しぶりにブログ開設を決めた理由としてはジャニーズファンとしてたくさん語りたいのにTwitterでは字数が足りないし考えが浅いままでサクッと呟いてしまいがちかなと思いブログを開設してみました。

 

もともとあまりまめではないので続くか不安ですが…笑

 

ジャニーズについて荒れたい時にはバンバン使う予定です。

 

前置きはこのくらいで初回ということで私のジャニオタ遍歴を少しみなさんに話そうと思います笑

 

私が小学1年生くらいの時夏休みは親が共働きだったためほとんど祖父母の家に預けられて暮らしていました。

 

祖父母の家ですることはほとんどなく毎日ダラダラしていた時8歳上のキムタクファンの従姉妹がたくさんキムタクのドラマを観せてくれたところから私のジャニオタはスタートします。

 

そこから小学生の時に流行った修二と彰が私の初めて買ったCDとなりそこから山下智久にハマりかけ、さらにKAT-TUNにハマりかけます笑

 

そしてKAT-TUNから関ジャニ∞にハマりかけとフラフラハマりきらないまま音楽はよく聴くみたいなグループがいっぱいある感じでした。

 

そしてここにきてようやく一つハマるグループがでます。

 

それが嵐でした。

 

嵐は本当にしっかりハマってずるずるずるずる沼に引き込まれて小学高学年から中学3年間みっちり沼にハマっていきました。

 

よって嵐さんはいまだに結構詳しい。

 

普通に今でもファンです。

 

経済的に余裕があればアルバムは買ったりします。

 

もうこのままこの沼からはでられないと確信していた矢先に違う沼にハマります。

 

それが関西ジャニーズJr.でした。

 

ここでは私は永瀬廉に出会ってしまうのです。

 

そこからはもうとんとん拍子でした。

 

好きになってすぐジャニーズWESTがデビュー。

 

ジャニーズWESTのリリイベで小瀧望にやられ春の松竹座で西畑大吾にやられ…

 

永瀬廉が東京に行ってからはさらに詳しい範囲が広がり今はDDに見えても仕方のない状態に陥っております…。

 

誰でも大好きとは違うと一応言っておきます…

 

自分の観察領域が広がったことでいろんなことを考えるようになりました。

 

今は事務所よ!とつっこむことも増えました。

 

もはやジャニーズどーんとこい状態なのです笑

 

そんな私がジャニーズについてちょいちょい語るブログにしていく予定です。

長くなりましたが…

 

おはつな記事おわり。