関西オタのお語り。

ジャニオタしております。語りがち。喧嘩ふっかけるような事も言いますが不快ならば不要情報として遮断してください。基本的にはジャニーズWEST・関西Jr.応援中。

明日を駆ける少年たちの件。【ネタバレ含】

観てきました、少年たち。

 

念願の生少年たち。

 

DVDでは観たことあった(ばどとかの時のやつ)けど生は初めて。

 

でもファンになって5年。

 

Anotherの年からずっとレポは見つづけてきました。

 

そして今日。

 

ここに関西ジャニーズの芝居のルーツが隠されていると感じました。

 

ものすごく主観による感想。

 

別に専門家でもなんでもないので悪しからず。

 

【関西引っ張る3人、安定の西畑。挑戦の大西、向井】

 

自担の大ちゃん。

 

担当目抜きにしても頭一つ出ていたと思います。

 

発声、セリフの聞き取りやすさ、芝居、歌…

 

どれを取ってもすごかった。

 

そして確実にマリウスを経て成長していると感じました。

 

歌にすごく気持ちが乗っていたと感じます。

 

流星もいよいよお兄ちゃんの役へ。

 

リーダーとしてみんなにバシッと言うセリフも多く、そういうセリフの言い回しが難しいのではと思います。

 

斗亜に話しかける時の優しい雰囲気との落差がもっと出ると芝居が締まってくるんじゃないかなぁ…

 

ただ斗亜がなくなるシーンのセリフの言い回しは大西流星の兄だったと思います。

 

このシーンこそこの役の見せ所。

 

この公演中にどんどん上手くなっていくんだろうなとワクワクです。

 

康ちゃんも囚人から看守長役へ。

 

本当に切り替えが上手い人だと感じます。

 

最初配役を見たときに康ちゃんが看守長は違和感があるかもと思っていましたが、全く違和感なく、でも今までの看守長とはまた違った看守長を見せてくれました。

 

淡々とした言い回し、時に狂ったように笑う姿は看守長そのもの。

 

回を重ねるごとにさらに遊びが入っていって面白くなっていくのではないかなと思います。

 

【君たちがまさにキーパーソン、道長きょへ】

 

みっちーと恭平。

 

おそらくこの2人のこれからの伸びが今年の少年たちの評価を分けるポイントになる部分だと思います。

 

台本からこの2人の感情の動きの場面がかなりカットされているように感じました。

 

感情が大きく動くポイントだけがシーンとしてピックアップされているため少しずつ2人の間で心の距離がつまっていく表現を入れていく必要性を感じました。

 

2人が協力することを誓うシーン。あのワンシーンが重要だと思います。

 

そしてライバル役といえば目玉のRival。

 

恭平の出だしテンポ遅れてたし、音程もかなり不安定。

 

みっちーは低音の部分で音量が落ちる。ハモる部分でバランスが悪く感じました。

 

どちらかというと恭平の役の方がガツガツ行った方がいい役。

 

恭平はみっちーを恨んでるけどみっちーには若干の後ろめたさがある分恭平が強く出る芝居、歌に期待したい。

 

みっちーもっと低音出さないとハモりきれてない。高音の倍は出していかないと。

 

1年の間でメインの囚人の中だと佐野くんと恭平だけ芝居の仕事がなかったはず。

 

元々佐野くんは劇団四季上がりの舞台エリート。

 

ここで伸びるしかない、恭平!

 

ライバル役のバチバチはもっと一触即発感出していけると面白いのではないかなと思っています。

 

そして長尾。

 

今回日記の少年役。

 

彼こそが主人公。

 

あの場にいる全員の心を動かすだけの力が必要です。

 

軽やかで伸びのある演技。

 

お人好しなんやろうなぁっていうのは元々持っている雰囲気とマッチしてすごく良かった。

 

ただまあ少し影の部分、身寄りもなくずっと1人で生きていたところの陰の部分がはっきりすれば陽とのコントラストが出来ていいんかなと思います。

 

このお話の中の陽だまりは彼です。

 

ずっと苦しい中に彼だけが陽だまりとして存在する。

 

ジャニーズWESTのしげちゃんってこういう役多いんですよね。溺れるナイフやよだかも。

 

確かしげちゃんも日記の少年やってたはずだからしげちゃんの陽だまり感はもしかしたらこの日記の少年がルーツ?なんて思ったり…

 

長尾がこのひと月でどれだけ陽だまりに、みんなに愛される様になるかが大事だと思います。

 

愛されれば愛されるほど、彼が身代わりで撃たれるシーンへの気持ちの入り方が変わってくるからね。

 

(追記)基本みちながきょへの3人組は自分たちより背伸び背伸びを求められてきましたからね。関西の体制的に早く育ってもらわないと困るっていうのもあって本当に無茶振りされながら、でもそれに答えてきた3人ですから。よくなってるとレポから見受けられますし、きっと不器用ながらも一生懸命背伸びして頑張ってくれてると信じてます!

 

【力を見せつけろ!丈橋】

 

丈くんは安定。

 

セリフがすごく聞きやすい。

 

ただ頭がいい役という点でいうともう少しトーンを落としてもいいのかもしれない。

 

周りと同じだけの熱量でいくのももちろんありだけど、一歩引くというか見下しているが故の熱量の低さがあっても面白いのかもしれない。

 

大橋くんは明るく天真爛漫。

 

陽だまりというよりはお調子者?でもちょけるのは決まって空気が悪い時。すごく気遣いで繊細な役なんだと思う。

 

もっと大胆にガラッと空気を変えに切り込んでいってもいいのかも。

 

すごくキュートで愛嬌があって、大橋くんに近いけれど、役の大橋は確実に気遣いからくるおちょけだからタイミング的には今だって時しか入らないんよね。

 

だからもっともっと空気を変えようとする雰囲気を出していくといいのかな…。

 

【アクセントになれるか、正門小島佐野】

 

正門は特に普通に演じれば普通に流れていってしまう役。

 

今も悪くはないけれどどこか引っかかりのあるポイントを芝居の中で見いだせるかが勝負どころ。

 

小島は確実に長尾とのやりとりで爪痕は残るよね笑

 

でも役柄としては印象は薄い方。

 

正門と同じだけど劇中でいかに自分をみんなに引っかからせるポイントを見つけるかだと思う。

 

正門小島の青チームは大ちゃん、丈橋がかなり盤石の芝居してるからどんと胸を借りて飛び込む芝居ができるといいなと思う。

 

佐野くんはもうかめはめ波の癖だよね。

 

赤チームのフレッシュさが目立つ中やっぱり安定感があった。

 

かめはめ波にこだわり続けるところとかもっと変人くさくやっても面白い気がする。

 

【先輩の威厳でオーラが出せるか?室】

 

龍太くんは2幕からになるため、短い時間でもしっかり印象に残る芝居が必要なのかなと。

 

こじだいと3人で歌うBreakoutは圧巻。

 

大ちゃんと逃げるシーンはもっとスピード感、切迫した感じが出るといいと思うし、看守長から隠れて話すシーンはもう少し雰囲気が変えられると差が出て場面がわかりやすいかも。

 

島の住人たちを説得するシーンはもっと龍太くんが熱量高くいけばつられてみっちーと恭平の熱量も高まるはず。ぜひもっと引き上げてほしいと思う。

 

【いかに愛されるか、斗亜】

 

斗亜ちゃんの愛おしさが増せば増すほど最期の海に沈んでいくシーンで胸が締め付けられる。

 

今回一人芝居の時間もあるわけだけどいかに愛される弟になれるかがポイント。

 

もっと無邪気に、何もわかっていない感じが出るといいと思う。

 

純粋が故に心が壊れてしまう。その中で最期に幻覚が見えて幸せそうに自害してしまう悲しみをもっともっと引き立たせる芝居があると思う。

 

まだ難しいかもしれないけど2幕からの心の動き方を上手く表現できると松竹中を涙の渦に飲み込めるはず。

 

流星のお母さんと3人で雪を見ようというニュアンスのセリフが何度かあるけれどそのセリフをきっかけとして心を動かしていけばやりやすいかも。

 

毎回聞いた時のリアクションを変えていってもう何回目?本当に叶うの?という感情が増幅していって最期には諦める、心が折れてしまうところまで持っていくと泣ける芝居により近づくかも。

 

(追記)この心が壊れて自害してしまう弟の役はジャニーさんの戦争体験が生きてる部分だと思います。悲しいことだけど人の命が本当に軽く扱われてしまっていた時代です。心が綺麗な人ほど生き抜くことが難しかったあの時代。この弟役は誰よりも無邪気に、誰よりも真っ白いや、透明な心を持つ少年でいてほしいと私は思います。

 

【全体的に…】

 

まず脚本として少年たちとAnotherの要素が混ざり合っている分心の細かい動きの場面が飛んでいるところがいくつかあります。

 

少ないきっかけでいかに心の動きを見せるかが最後の斗亜と長尾が亡くなるシーンでの会場の涙へのキーだと思います。

 

配役的には赤チームが大西、道枝、長尾、斗亜、佐野、青チームが西畑、藤原、大橋、正門、小島と若手を1チームに固める挑戦的な配役。

 

心の動き方でいうと赤チームの方が難しい役が多く感じます。

 

そこを若手に任せられる様になったのが関西Jr.の強みだと思います。

 

今回どの役も少し自分より大きな器が用意されているように思います。

 

この器がひと月でぴったりになる、いや器を突きやぶれるぐらい大きくなると期待した配役の様に感じます。

 

毎年少し大きめの器を用意してくれる関西の夏の舞台。ここが関西ジャニーズの芝居のルーツだと思います。

 

少年たちにはヒール役も含まれるし、涙が要求される役も多い。

 

感情を丸裸にして取り組まないと出来ない役が多いです。

 

何年も積み重ねているが故に先輩がやっていた同じ役の印象があり、どう自分らしくその役を作り上げるかという役作りの努力があると思います。

 

これだから関西ジャニーズは芝居に強いのだと思います。昨今の日本では原作がある作品が映像でも舞台でも多く、その役へのイメージがこびりついたものが多いです。その中でいかに自分らしいその役を作り上げるかという練習がこの少年たちやAnotherでされているのではないかなと思います。

 

この1年、それぞれがそれぞれの場所でいろんな芝居をしてきたからそれが一気に集まったこの舞台は成長しか感じませんでした。

 

しかしまだまだはじまったばかり。

 

これからどんどん成長して、最終日の8/30にはすごいものが出来上がってると期待して。

 

ひと月同じ役と向き合い続けるっていうのも関西の夏の舞台のいいところだね。

 

ブラッシュアップし続けられる。

 

いい伝統だなぁ…と思います。

 

簡単にですがshowtimeにも触れておきたい。

 

今回正直showtimeで泣いた。

 

新曲が3曲もできて、全体にではなく新しい括り方でその曲がおりてきて。

 

あぁこんなにできるようになったんだと泣きました。

 

もともとジャニーズWESTのデビュー後、柊真が去り、れんしょうが関東へ行き。

 

大ちゃんもセンターとして不安そうな様子、まだまだ幼い流星、同じグループだった2人を失い、うまく動けない康二。

 

なんとか龍太くんを入れ4人でバランスをとり、少しずつ少しずつ今の立ち位置への4人が向かっていった4年?でした。

 

なんとかFunkyががっちりと地盤を固め、道長きょへが育ち。

 

そして14年組が育ちはじめ。

 

新しく18年組を迎えた今年。

 

層の厚さから挑戦的な配役の少年たちが誕生しました。

 

青チームと張り合えるだけのダンスが求められる赤チーム。

 

これはちびっ子Jr.達の今までの食らいつきがプラスに出た部分だと思います。

 

本当は出番じゃなかったのに練習した蒼い季節、Becool、BIGGAME。(16年のクリパ)

 

ダメだと思ったら下ろすという条件の元(確かそうだったはず)全員で踊ることに何よりちびっ子Jr.がこだわり食らいついていたこの時間が今対等に戦える力に繋がっている気がします。

 

最後のSeeyouagain。

 

泣きました。

 

あれからもう4年も経ったのかと。

 

こんなにできるようになったのだと。

 

あの別れの歌を堂々と歌う姿に涙が止まりませんでした。

 

あの時に聴いたSeeyouagainとは確実に違うものがそこにはありました。

 

あと個人的には大ちゃんたちが新しくいただいた曲の衣装が昔のばどちゃんのものにすごく似ていて(リメイク?)その時のばどちゃんを思い出して泣きました。

 

あともう1回くらい後半戦に入りたいなぁとも少し思ってしまう…。

 

お金ないけど。

 

(追記)やはりネットを見ていても感じますが、少年たちとAnotherを合体させると意味がわかりづらくなり、本当に大切なものが伝わらない気がします。一度原点に戻って分離させた方がいいのかなと思います。せっかくなら関東と関西でAnother、少年たちをわけてみたり、隔年でやったり。

(追記)贅沢を言うならば関東関西のDK組あたりを集めて少年たちを希望する。今この瞬間の彼らを一度に集めて切り取らなければいけないような謎の義務感に最近狩られているので…赤対青で関東関西で分け、もっと亡くなる役とかの配分変えて(今年の関西少年たちは赤がしんどすぎる)未熟だと思うけど、ジャニーズWEST達は今の彼らぐらいの年齢の時にはもう人の心を動かせるAnotherや少年たちしてました。全然早くないと思います。むしろ今だと思うので事務所さんお願いします。

 

明日を駆ける少年たちの件。完